日誌

2012.02.22

休憩
まったり珈琲時間

珈琲は甘くするために苦いのだと思う

甘い甘い珈琲と山の景色が疲れを癒してくれます

 

2012.02.22

剪定1
剪定が続きます

吸い込まれそうな空

この青空のようにすっきりと剪定をしたいものです

2012.02.20

大豆
寒い日が続きます

一晩水に浸けておいた大豆を一時間ちょっと煮て柔らかくします

その間に米麹をほぐして大豆と混ぜる準備をしておきます

とても優しく甘いにおいがたちこめます

大豆と米麹と塩を混ぜ合わせて味噌の出来上がりです

塩でふたをして完成 雪をふりまいているわけではありません あしからず・・・

今年は60キロほど作りました

贅沢にいっぱい使おうかと思います

2012.02.19

蒸し米
今年の味噌作りです

蒸したお米に麹をまぶし、よくかき混ぜて寝かせ米麹を作ります

こうじは糀とも書きます

お米にちゃんと白い花が咲いてくれるか楽しみです

2012.02.17

雪崩
30センチは積もっていたであろう倉庫の雪が一気に落ちました

夜中どっかんどっかん音がしたような・・

と朝に寝ぼけまなこで外に出てみればこのざまです

思わぬ事態すぎて思わず笑ってしまいました

人間思いもよらぬことにいきなり出くわすと笑ってしまうものです

屋根の上で積もって湿った雪の塊は、もはや半分氷と化しています

軽トラがもうちょっと前にあったら確実にワイパーとサイドミラーがもげていたでしょう

というか天井も凹んでいたのではないかというようなでかい塊がゴロゴロしてる

危なかった・・・

2012.02.13

手前味噌
手前味噌です

去年の5月に味噌作りの大先輩方と作ったものです

30キロほど かなりありますがけっこう一年で使い切ってしまうものです

米麹をふんだんに使ったお味噌なのでとても優しい味です

なんというかこうまろやかで甘みがあって体の芯からあったまります

味噌汁というより、スープに近いような

そうこれはミソスープ

ただ味噌汁を英訳しただけでした

2012.02.10

IMGP3266_resize1
最近の写真は白いか茶色いかのどちらかですね

つまり雪景色なのか、それとも猫なのか

時々、青も入ったり入らなかったり

2012.02.08

雪壁1
うちから車で30分ほど走ったところの景色です

この雪の壁、ほぼ3メートルはあるでしょうか

場所は妙高 新潟県になります

その手前の長野県の信濃町もすごい雪です

これよりもっと積もっているところも場所によってあります

少し北に行っただけなのに・・・

カルチャーショック いや ネイチャーショック

飯綱町はここらに比べれば、まだまだ少ないほうです

2012.02.07

剪定講習1
昨日、今日とせん定講習がありました

話を聞かなくては、分からないことがあります

話を聞いただけでは、分からないこともたくさんあります

一人一人が違うように、樹も一本一本違います

実際に自分の手を動かし、確認し、発見し、納得して技術を身につけていきたいです

2012.02.06

ビクッ!
ここ最近の晴れ続きで、屋根に積もった雪が、夜中騒がしい音をたてて地面に落ちてきます
縁側のガラスを響かせるダダーン!という音にビクッとして猫と思わず目を合わせます
そしてお互い、そんなことでビックリしなくても・・ という気まずい雰囲気が漂います

月別に見る