日誌

2016.06.29

20160629

ふじの実。
白い斑点は、ボルドー液を散布した跡です。

1885年フランスのボルドー地方で、ブドウの盗難防止に硫酸銅と石灰の
混合液を用いたとのこと。
確かに、この白いまだら模様は盗む気をなくすかも…。

しかし、蓋を開けてみると盗難どころか病害菌にも効くことが判明し、
初めて使われた地名にちなんで「ボルドー液」と名付けられました。

しかも、「農薬べったり」といった感じの見た目とは裏腹に、このボルドー液は
有機JAS規格での栽培にも使用できる数少ない薬剤のひとつです。

無農薬栽培はまだ難しいのですが、少しでも安全にりんごを育てるためには
欠かすことのできない薬剤と言えます。

2016.06.16

20160616

腰を下ろしたその横に四葉のクローバー。
何かいいことあるだろうか。
いやこれを見つけたことが既にいいことなのかも。
だとすると四葉のクローバーとはなんなのか。
でもなんとなくうれしい。

2016.06.11

20160611

つがるの実。
そろそろピンポン玉ぐらいになりそうです。

2016.06.03

20160603

現行犯逮捕

2016.05.30

20160530

社長! 植えなおし終わりましたぜ!(パチッ)

2016.05.29

20160529

カエルを雇って田たんぼの植えなおし中。

田植え機でやり残したところは直接手で植えます。これがまた大変。
マジメな話、田んぼにいるカエルが一匹一本でも植えてくれたらすぐに終わるでしょう。
どこがマジメなんだというところは置いといて・・・。

2016.05.25

20160525

シナノゴールドの実です。
ちょっとドングリっぽい形が特徴的。

2016.05.22

20160522

りんごの花びらは普通5枚ですが、開花の遅れたものに時たまこのようなものが見られます。
りんごはバラ科です。そう言われるとそう見える。

2016.05.19

20160519

シナノスイートの実です。
今は中学生ぐらいでしょうか?
いや高校に上がるぐらいか?
そもそも人間の「成熟」とはいつなのか?…

という疑問は置いといて、中心を残して周りの実を取ってしまう摘果作業の真っ最中。

2016.05.13

20160513

ぺろ

月別に見る